画質はアンテナによって左右される~工事で改善しよう!~

アンテナ工事を施して高画質を堪能しよう

テレビの性能というものは年々向上しており、特に地上デジタル放送に移行してからというもの高画質な映像が楽しめるようになりました。テレビの種類には2Kや4K、8K といったものがあります。その違いについて見ていきましょう。

2K
テレビにおける「◯K」というのは解像度のことを表しており、2Kだと2000ピクセルということを表しています。その解像度を持つ2Kテレビは現在主流になっているタイプで、およそ207万画素のフルハイビジョンを誇ります。サイズは20インチから展開されています。
4K
4Kは2Kに比べて2倍の解像度を持ち、4Kテレビの画素数は2Kテレビの4倍で、およそ829万画素というかなり高い画素数を誇ります。サイズは50インチ以上が多く展開されています。画面がきれいな分情報量も多く、電気代が2Kよりかかります。

4Kを視聴するためにはアンテナ工事が必要

4Kテレビを買ったら必然的に高画質な映像・画質を堪能できると思う人もいるかもしれませんが、4K放送の持つ能力を十分発揮するためには、そのための環境を整える必要があります。その環境に必要となるのは、チューナーと4Kテレビに対応したアンテナです。4Kテレビとして販売されている製品の中には、チューナーが同梱していないものがあります。そのような場合は別途でチューナーを購入しなければなりません。アンテナに関しては、元から取り付けられているテレビアンテナでは4K放送の受信はできないようになっています。そのため、対応しているアンテナを設置する必要があるのです。

地デジの画質が気になる人は

アンテナ

テレビの画質が悪い場合テレビの性能を疑う人もいますが、もしかしたらアンテナに問題があるのかもしれません。その場合テレビを買い替えなくても、アンテナを直すことできれいな画質を楽しめます。

ブロックノイズの可能性がある

地デジでよく見られるトラブルの1つに、ブロックノイズというものがあります。これはその名の通りブロック状に画面が乱れる症状で、画面だけでなく音声に問題が出ることもあります。ブロックノイズの原因となるものはいくつか考えられますが、ほとんどの場合接触不良やアンテナのトラブルが原因です。接触不良の場合には接続ケーブルがしっかり刺さっていないことや、ケーブルの劣化が考えられます。ケーブルをチェックし、必要なら交換しましょう。

アンテナ工事業者に対処を依頼する

接触不良は自分で簡単に対応できますが、アンテナに問題がある場合はそう簡単に直すことはできません。アンテナは基本的に高い位置に設置されているため、直すときにケガをする危険性があります。また、アンテナを見てもどこをどう直せばいいのか分からない場合が多いです。無理に自分で直そうとせず、アンテナ工事業者に修理を依頼しましょう。部品が壊れているなら交換が必要ですが、部品に問題がない場合角度や配線などの調整で直すことができます。

TOP_button