隠さず魅せるアンテナ工事~壁を美しく彩る~

こんなにあるアンテナの種類

アンテナ工事を行なうためには、まず取り付けるアンテナを選ぶ必要があります。いろいろな種類のものがあり、それぞれ違った特徴を持っています。一般的に扱われるものを中心に、その特徴を見ていきましょう。

平面アンテナ
従来使用されてきたアンテナの多くは枝分かれした形状のものでしたが、平面アンテナは平たい板のような形をしています。従来のものは設置が難しかったのに対し、平面アンテナは簡単に設置できて見た目もシンプルなため人気があります。更に最近ではUHF平面アンテナという性能の上がった商品が販売されています。今まで使われてきた平面アンテナは重量があり設置場所を考える必要がありましたが、UHFアンテナはよりコンパクトで場所を選ばず設置しやすいです。
フラットアンテナ
フラットアンテナというのは、より薄さに特化したアンテナのことです。薄い形状のため外に設置した場合でも目立たず、従来のアンテナとは形状が大きく異なるということもあり、アンテナだと気付かれにくいという特徴を持っています。また、コンパクトさから屋根裏のような狭い場所でも設置できます。屋根裏に設置すると雨風の影響を受けず、外観を損ねることもありません。
デザインアンテナ
デザインアンテナの良さは何と言っても見た目の美しさです。色やデザインがスタイリッシュなものが多く、壁に設置しても家の外見を損ねません。フラットアンテナのように平たく長方形のタイプが多いですが、表面が斜めにカットされたデザインのものもあります。カラーバリエーションが豊富であるため、壁面と揃えることが可能です。

アンテナにも寿命がある

外に設置しているアンテナの場合、寿命はおよそ10年ほどだと言われています。雨風にさらされることで劣化が起こり、また画質にも影響が出始めるので、基本的に10年を目安にメンテナンスを依頼しましょう。ただ、商品ごとによって使われている素材は異なり、劣化の程度や寿命などには違いがあるので、その点は注意が必要です。他にも、設置場所も寿命に大きく関係します。例えば、自然の影響を受けない室内に設置すれば、寿命がかなり長くなります。また、金属は塩分によって劣化しやすいため、海が近い場所にあるとその分寿命も短くなってしまいます。

TOP_button