悪天候が及ぼすアンテナへの影響~工事を依頼する前の予備知識~

トラブルを防ぐために

アンテナを設置する場所

外に設置することの多いアンテナ。天候によるアンテナトラブルを解消するためにもアンテナ設置工事を行なう場所の種類を確認しておきましょう。

スタンダードな設置場所
アンテナ工事を行なうのは一般的には屋上やベランダですが、最近では屋根裏に取り付けるという人も増えています。前述したように、屋外に設置したアンテナは雨風の影響を受けやすいです。天候が悪いとすぐ画質が悪くなりますし、雨風にさらされることで経年劣化も進み、アンテナの寿命が短くなります。
屋根裏部分でアンテナ工事
屋根裏にアンテナを取り付けると雨風から守ることができるため、故障しにくくなります。台風の日でもアンテナの角度が変わる心配がありませんし、雨に濡れることもなくなるので長持ちするでしょう。屋根裏に取り付けることのメリットは寿命が伸びるということの他に、アンテナ調整の際危険が少ないということも挙げられます。

天候が画質に影響する場合がある

台風のときなど、雨風が強いときにはテレビの画質が悪くなりやすくなります。よくあるケースとして、強風によってアンテナの角度が変わり映りが悪くなることがあります。この場合は、角度を調整するだけで元の状態に戻ります。角度が変わる他には、強風が原因でコネクターが緩むことや、雨水が侵入して壊れることなどがあります。通常濡れることを想定した部分なら防水対策が行われていますが、強風によって横から雨が侵入したり、開いた部品の内部に侵入したりすることで壊れてしまうのです。雨による被害は強風のとき以外にも部品が劣化して起こることがあります。その他、地震によって調子が悪くなることもあります。大きな揺れによって角度が変わりやすく、場合によっては折れてしまうケースもあります。

TOP_button